初心者のための相続情報サイト

相続税額の按分割合はどのように変わるの?

相続税額の按分割合はどのように変わるの? 相続というものは亡くなった人の残った財産を、親族間で分配する事をさし実際に分けた財産に対し税金がかかってくるため、亡くなった人のために使用したお通夜式や葬式代や、病院で亡くなった場合は入院費などの必要経費は通常は先に控除してから財産分配をするため、税金の対象外になります。
相続税についても、遺産が3000万円と法定相続人の人数に600万円をかけた金額の合計未満の場合は一切かかる事はありませんが、この金額以上になると税金がかかってきます。
法律で定められた分ける人数が3人の場合は4800万円から税金の対象となります。
不動産などは評価額があるため注意が必要です。
税金がかかる金額の財産を分けた場合、相続税法の基本通達によると各人の税金は財産をもらった割合で計算する事となっており、この割合が按分割合を意味しています。
割り切れる場合は問題ないですが、割り切れない金額の場合についてはみんなの合意の上で調整してよいという事になっています。
按分割合を限界まで計算する場合、申告書には小数点以下10ケタまであるため工夫すれば節税が出来ます。
配偶者の場合は税額軽減があるため、この部分を上手く活用する事が理想です。
遺産分配する時に家族全体の税負担を少しでも軽減する事はとても大切ですが、財産や按分の事でもめない事の方が亡くなった方の事を考えるともっと大切です。

相続時の割合の決め方

相続時の割合の決め方 遺産を相続する割合は、民法に定められています。
亡くなった人に配偶者がいる場合は常に遺産をもらえる立場にあります。
その次の順位として子ども、次が親と続きます。
配偶者のみがいる場合は配偶者が全てを相続します。
配偶者と子どもが残された場合は、遺産は半分ずつ分けることになります。
1,000万円の遺産があった場合は、配偶者が500万円・子どもが500万円です。
この時子どもが複数いる場合は、等分で遺産をさらに分けます。
先の例で子どもが2人いたら、配偶者が500万円・子どもが250万円ずつをそれぞれ受け取ります。
配偶者と親がいた場合は取り分が少し変わります。
配偶者が3分の2を、親が3分の1をそれぞれ受け取ります。
親が2人いた場合は子どもの時と同様、さらにそれを半分にします。
その次の順位は兄弟姉妹で、配偶者との割合はそれぞれ4分の3、4分の1です。
ただし、故人が正式な形で遺言書を残していた場合は違ってきます。
遺言書の内容は優先される性質があるため、それに則って遺産を分けることになります。
ただ、すべての遺産を愛人に渡すなどの遺言書が残された場合は、配偶者や子どもがいると困ってしまいます。
そのため、民法では遺留分として、一定の割合で残された親族が遺産を受け取ることができる規定を設けています。

相続の際に負債を調べる方法について紹介します

身内の相続をする場合、資産も継承されますが借金などの負債も同時に相続されます。隠れた借金などが合った場合、全額を引き継いでしまうため想定外の支払いが発生する可能性もあります。
このため事前の身辺調査はとても大切で、まずは金融機関や信用情報機関への開示請求も行うことでしっかり調べましょう。これらのものにはローンや消費者金融といった分かりやすいものもあれば、携帯電話や公共料金お未払いといったモノも含まれていたり連帯保証人としての債務もあります。うっかり連帯保証人になっていると、相手方の支払い能力が無いと督促が来てしまうリスクも有るのです。普段のコミュニケーションで状況を把握することはとても重要で、まずは日々の生活の中で把握することをおススメします。急にお亡くなりになってしまった場合などは、各種証明書類(戸籍謄本や住民票除票など)が必要になってきて事務的な手続きも発生しますので準備をしておくのも有効な方法です。

相続放棄をする理由とそのやり方について考える

不動産や資産の名義人が亡くなった時に、やらなくてはならないものがあります。名義を相続する人に変えるということになりますが、資産が必ずしもプラスのものばかりではありません。
亡くなった時にじつは多額の負債を抱えていてこのままでは負債分も相続する羽目になるというケースも珍しくありません。そのときは、相続放棄の手続きをする必要があります。そのためには、相続放棄の申込書を作成して裁判所での手続きをする必要があります。そのときの持ち物は申込書と亡くなったかたの住民票の除票と申述人の戸籍謄本と収入印紙です。収入印紙は申述人一人に対して800円です。それをもって家庭裁判所での手続きということになります。
そしてこれによりもともとなにも受け継がなかったということになるので、基礎控除額もかわりません。多額の負債があるときは自分でなんとかしようと思わず、弁護士や税理士などに相談をして法律に基づいて手続きをすることが必要です。

手続きが完了していない段階で相続財産から葬儀費用を支払うことはできるか

相続とは、言うまでもなく亡くなった人の財産を親族などが承継することを意味します。したがって、対象となる財産が完全に確定した後でなければ、承継者がそれを消費することはできません。故人の銀行預金なども、死亡の連絡があった時点でいったん凍結するので、たとえ通帳やキャッシュカードが手元にあっても引き出せなくなってしまいます。
そうなると、ここで問題となるのが死亡に伴って発生するさまざまな支出をどうするかという点です。確定するまで相続人が個人的に支払えるのであれば構いませんが、たとえば葬儀費用となると数十万円から百万円単位の費用が発生することも珍しくありません。手持ちの資金が乏しいのであれば、相続財産から支払えないものかと考えるのは極めて自然なことです。
こうした問題を受け、2019年7月の民法改正に伴って設けられたのが預貯金債権の仮払い制度です。これは、一定の要件を満たせば相続手続きの完了前でも最大で150万円までの預金を引き出せるというもので、この制度を利用することで故人の財産を各種の支払いに充てることができるようになります。

遺産を相続をしたくないときの法的手続きとは

家族や親族が亡くなった場合、生前にその人が所有していた財産は、配偶者や子どもなどの相続人の手に渡ることになります。しかしこの場合の財産とは、つねにプラスの価値をもつものとは限らず、マイナスの財産も含まれていることに注意しなければなりません。
現金や預貯金、不動産や自動車などは通常はプラスの財産となりますが、本人がみずからした借金や、他人の連帯保証人となっていたために降り掛かってきた債務なども、マイナスの意味での財産として相続人は引き継ぐ必要があります。このようなことを避けるためには、管轄の裁判所で相続放棄とよばれる法的手続きをします。相続放棄の法的手続きはそれほど難しいものではなく、通常は亡くなったことを知ったときから3か月以内に、放棄したい理由などを記載した申述書を提出し、裁判所の判断を求めるだけです。場合によっては裁判所から不審な点を確認するための照会書が送付されてくることがありますが、回答書をもって折り返し送付すれば、ほどなく受理書が送られてくるはずです。

相続したときは相続税の申告と納付を忘れずに

亡くなった人が生前に積み上げてきた財産を相続した場合には、管轄の税務署に対して相続税を申告するとともに、所定の税額を納付する必要があります。
もっとも相続税は必ずかかるものとは限らず、相続した財産の額から葬式費用などを差し引いた上で、法令で定められている基礎控除額を上回った場合が該当します。
したがって亡くなった人が平均的な生活をしているサラリーマンなどであれば、そもそもこのような税金はかからない可能性がありますが、いずれにしても財産の内訳を一覧表にしてまとめてチェックしてみるなどの対応は必要です。
もしも課税されるとすると、原則的には10か月以内に申告と納付を済ませなければならないことになっています。葬式や法事などであわただしくしていると、この期限はあっという間に過ぎてしまうことがあるので要注意です。
特に遺産の評価や税額の計算は複雑で、専門的な知識をもつ税理士などに依頼したほうがよい場合もあります。

相続のトラブル回避のために取り決めは証拠として残しておこう

相続では、権利を有している人達同士でのトラブルがあることも多いです。特に、亡くなった人が大きな遺産を抱えていたときには、それをどういった配分で分けていくのかを考えなくてはいけません。
普通は、相続権は法廷割合によって配分が決められていますので、その通りに分けていく必要があります。
しかし、現実的な事例としては亡くなった人とより近い生活をしている人と、疎遠になっている人では感じ方も考え方も異なりますので、大きなトラブルに発展することも珍しくありません。
遺言書等を残しておかないときにはなおさらで、あくまでも法律の範囲内でトラブル回避をしなくてはならないので、後から問題になることが多い現状です。
こういったことにならないようにするためには、トラブル回避のためにきちんと証拠を残しておくことが重要です。遺産分割を行うときも、本当にお互いが納得ができたということを証拠として残しておくことで、後でトラブルになることを防ぐことができます。

相続人が海外に住んでいる場合に注意すべき点とは

相続人が海外に住んでいる場合も、遺産は問題なく相続することができます。ただ、その際には日本にいる相続人と同様の手続きをする必要があります。 特に故人の預金の解約や不動産の名義変更などの手続きにあたっては「印鑑証明」を提出しなければなりませんが、日本の住民登録を抹消している場合これら書類を準備することはできません。そのため、代わりの書類を準備する必要があります。 印刷証明の代わりとしては、サイン証明が使えます。発行したいときには、遺産分割協議書を現地の在外公館に持参し係官の前でサインすると在外公館の発行する証明書が綴じ込まれ、本人のものであることを証明してもらうことができます。こうして得たサイン証明であれば日本における印鑑証明と同じ効力を持ちます。 また、不動産を相続した場合「住民票」の提出が必要になりますが、その代わりの書類としては在留証明書が使えます。サイン証明同様現地の在外公館で発行できるので、必要な場合同時に申請するのがおすすめです。

相続をするならば限定承認の意味を理解すること

相続をするときは、ある日突然やってきます。多くの場合は、親が亡くなった場合にそれを行うことになるでしょう。結婚式を挙げる場面などとは異なり、葬式はある日突然やってくるため予想が立ちません。ある程度病気になった場合は予想が立つかもしれませんが、それでも確実にこの日に人が亡くなると断定できるケースは少ないわけです。そして葬儀が終わった後、様々な手続きが行われますが、そこで相続が初めて行われることになるでしょう。 基本的に相続と言えば、財産を手に入れるイメージがあるかもしれませんが、実はプラスの財産だけでなくマイナスの借金等も手にするケースも少なくありません。もし、通常通り財産を受け継ぐと借金の方が多かった場合マイナスになってしまうケースがあり馬鹿らしいわけです。この場合には、限定承認と呼ばれるものを選択すると良いです。限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの分を手にすることです。つまり、絶対にマイナスになる事はありません。

相続をする場合には段取りを明確にしておいた方が良い

相続の問題は様々に起こりえますが、やはりお金が絡む問題のため兄弟の間や親戚の関係が悪くなるようなことも十分に考えられます。特に大きなお金が発生している場合には、亀裂が入り禍根を残しかねません。しかし世の中には、お金を受けるこっちもいます。それはお金の大小にかかわらず、そのような状態になり得ることがあるわけです。では一体何が違うでしょうか。 基本的に相続する場合にうまくいくケースがあるとすれば、十分に段取りを作っていることです。例えば、大きなお金を相続する場合は比較的高い確率で兄弟の間で問題になるわけですが、事前にこれを防ぐために弁護士に相談をしておくことが必要です。弁護士の特徴を見ると、誰でもそのようなものが扱えるわけではありません。例えば離婚を専門的に行っている弁護士に対して、依頼をしても良い結果が出ると言えないでしょう。 事前にどれだけ準備をしておくので、その後の兄弟や親戚間の対応も随分と異なることが多いです。

企業の相続とはどのようなものなのかを知っておく

企業を経営していた親が死亡した場合、その会社の経営を引き継ぐことになるかもしれません。逆に自身が高齢になったため、子供への引継ぎを考えているという人もいるでしょう。会社の相続について悩んでいる場合、注意すべき点があります。 まず会社を相続するということは、その会社が発行している株式を引き継ぐということです。会社は個人ではなく法人として扱われていますが、これは独立した人格を持つものと法律で認められています。そのため普通の人の人格が相続できないのと同じく、会社そのものを相続することはできません。 また、会社の財産も亡くなった人のものではなく、会社が所有するものなので対象には含まれないということです。亡くなった人が社長や取締役などだったとしてもその地位につくことはできません。これらの地位はその人が会社との契約によってその職務についていたものであり、個人が亡くなることでその契約関係は消滅するためです。

相続トラブルを避けるためにみなし相続財産も理解しておく

親などが亡くなった際に残された遺産を巡って、兄弟同士でトラブルになるという事は多くあります。そのため相続に関するトラブルを少しでもなくすために、自分自身の遺言書などをしっかり制作しておくという点もポイントです。法的効力のある遺言書を残しておくなど、様々な対策をしておく事が必要になります。その中の1つとして把握しておくべきポイントとなるのが、みなし相続財産があるという点です。生きている時にはなかった遺産が、亡くなった事で出てくる物が対象となります。代表的なものは死亡した時に貰う生命保険の保険金があり、これ死亡した事で発生したみなし相続財産になります。自分が生きている時点での遺産を相続として考えていると、こういった思わぬ遺産がトラブルの原因に繋がる可能性がとても高いです。トラブルを避けるための遺言書などを作成する際は自分1人で作成するのではなく、第三者の任意後見制度などを利用するなど対策をしておく事が大切です。

相続には優先順位があることを理解しておく

人間がなくなった場合は、相続がスタートします。この場合、通常優先順位があるためその順番をよく理解しておかなければいけません。例えば、亡くなった人に配偶者がいる場合その配偶者が1番優先になります。子供が3人いた場合でも、子供よりもまず配偶者にお金が分配されるでしょう。そして配偶者が半分取り、残りの半分を3人の子供で分けるような形になります。 では、亡くなった人に兄弟がいる場合はどのように扱われるでしょうか。これに関しては、配偶者と子供に分配された後は基本的に分配されないと考えて良いかもしれません。ただ、兄弟の中でなくなった人の介護等を熱心に行っていた人がいる場合には、1部財産を与えることができます。このように考えれば、姉妹であってもお金が入ってきません。優先順位はあるものの、遺言書などを書いておりある程度自由に分配できるお金を設定することができます。これらは、相続人は決めることができないものの、遺留分等が発生するケースもあるかもしれません。

相続をする場合弁護士を必ず利用する必要があるか

相続をする場合には、弁護士を利用するイメージが少なくないはずです。これは、テレビドラマやニュースなどの影響が関係あるかもしれません。そこで、絶対に法律事務所にお世話にならなければならないのかといった疑問があります。これに関しては、結論から言うと絶対に法律事務所のお世話になる必要があるとは限りません。 相続は、法律で定めてありその法律通りに行えば何ら問題がないわけです。当事者間の合意で、1人の人に全部お金や不動産を渡すこともできますが、慰留分などを考えてわけなければいけないと言う決まりがあることも知っておきましょう。ちなみに相続を弁護士にお願いすると、相続金の20%位を支払う必要があるわけです。30,000,000円の奨学金があった場合には、6,000,000円ほどのお金を支払う計算になります。かなり大きな負担になるかもしれません。もし当事者間で争いになっている場合には、このような出費もやむをえないと言えるわけです。

相続に関する知識を知って遺産トラブルを回避

会社や家、車や借金も含めた金銭、著作権などの知的財産などを残したまま亡くなると、誰かがそれを引き継ことになります。放棄をすることもできますが多くの遺産を残した場合は、遺族の中でもトラブルが起きることがあります。 まずは誰が相続をするのかということです。優先順位順には配偶者と子ども、父母と兄弟姉妹が法的に相当するのですが、上位の人が存在する限り下位の人は相続人にはなれないという決まりがあります。これらの法的に決められている人以外に遺産を残したい場合は、法律に則った「遺書」を残すことで可能になります。 相続の対象となるものも決まっていて、故人の使っていた物でも換金性の低いアクセサリーや古い自転車等、墓や仏壇または前妻への養育費などは対象となりません。 相当する優先順位や対象となるものや遺書のことなど、事前に知識がなく突然起こってくることなのでトラブルが起こりやすいのです。そのため遺産がある場合は本人も家族も相続に関する知識を知っておくことが、遺産トラブルを防ぐことになります。

相続裁判で効果を発揮する事実証書とはどのようなものか

相続問題で裁判に発展してしまう事は、現代社会では決して珍しいことではありません。特に遺言書がある場合にその内容が遺族にとって納得できないものであったような場合には、その内容の信憑性や効力に対して疑義を申し立てる訴えが起こされることも多いものです。このような場合に非常に有効なものとなるのが、事実証書と言うものです。
これは一般的には公証人が自分自身で体験した内容をもとに記載されるものであり、例えば自分自身が本人の意向に従って遺言書を作成したり、もしくは本人の委託に従って公証役場の金庫に保管するなど、様々な自分自身の行動を記したものであることも少なくありません。これを相続の裁判における事実関係の証明書で提出することで、その信憑性を裏付けるものとすることができる効果があります。
自筆の遺言書等の場合には本人のものと疑われてしまうことも多く、相続裁判ではこれが重要な争点となることも少なくありません。このような場合に、交渉に本人が体験した内容を記録しておくことで、その信憑性を裏付ける重要な証拠と取り扱われることが多いものです。

相続で考えられる法的措置とはどのようなものか

人が亡くなると、故人の資産は遺族に分配される決まりになっています。これは、遺産相続という手続きの始まりです。
基本的な分配の割合は法律で決まっていて、配偶者や子どもがどの程度の資産を受け取れるかは明確です。故人が遺書を書き残していたときは、その内容をふまえて分配が行われますが、法律上の正しい形式で書かれた遺書でなければいけません。このような資産の分配では、法的措置が行われる事例があります。まず考えられるのは、なんらかの理由により資産を受け取りたくない場合です。法律上は受け取りの権利がある親族でも、手続きをすれば相続を拒否できます。また、相続の内容に不満があるときも法的措置が考えられます。これらの手続きをするには、弁護士や司法書士などの専門家の協力が大切です。当事者が単独で手続きを進めることも不可能ではありませんが、専門的知識が必要なので弁護士などに依頼すると納得できる結果が得られるのではないでしょうか。

相続の相談は目的に合った専門家を選ぼう!

相続に関する手続きは自分で行うことができますが、複雑であるため専門家へ相談する必要が出てくることがあります。相談先は税理士や司法書士、弁護士や行政書士があげられます。これらの専門家は独占業務という規定に従い、行える業務の範囲があるため、相談内容によってどこを選ぶか決める必要があります。
相続税の申告を行えるのは税理士のみですので、税金がかかるのか不明だったり、税金の申告が必要な場合にサポートしてくれます。財産目録の作成や財産の評価、分割方法の提案なども行っています。
不動産に関することなら、司法書士に相談しましょう。名義変更などの不動産登記や相続を放棄したいときの手続き、成年後見人に関する手続きを代行してもらえます。
行政書士は、遺産分割協議書の作成を行うことが可能です。手続きをスムーズに進めたいときにはよいのですが、すでに家族間などで分割に関するトラブルが起こっている場合には、当事者の代理を務められる弁護士が必要になります。また、行政書士は各種名義変更手続きの代行も行えます。
相続時にトラブルが起こった際は、弁護士へ相談すると安心です。当事者の代理として交渉できるため、遺言の内容に納得がいかない場合や、分割協議がうまくいっていないときなど、代理人として交渉から裁判までの手続きを弁護士が担ってくれるので、対応可能な業務の範囲がどこまでであるのかをよく把握したうえで相談してみましょう。

疎遠な親族との相続が発生した場合は専門家に相談を

大切な親族がお亡くなりになり遺産の相続が発生したものの、疎遠の親族が居た場合に手続きが滞ってしまうケースも少なくありません。一般的には特に遺言などが残されていなかった場合、故人の配偶者や子供に平等に分配しますが、連絡が付かなければ事務的な手続きも行えません。
最も困難なのが不動産などすぐには分配できないもので、債権者が全員同意し売却してから現金化して分配するなど高度な手続きも伴います。それらの手続きは関係各所に足を運び、書類を入手して必要事項を記載し署名捺印する必要がありますが、関連法令を熟知していない方にとってはハードルの高いものです。
そんな時は、弁護士や行政書士などの専門家に相談するのが解決への近道です。疎遠になった親族でも状況を調査し、法令に則って平等な相続が行われます。当人同士の話し合いは上手く行かない場合でも、法的に立場のある専門家によるアドバイスならば全員が納得して相続を履行できるほか、希望すれば煩雑な手続きも代行してもらうことが可能です。

相続の際に発生する税金を減らす方法にはどんなものがあるか

自分はお金持ちじゃないから相続税は関係ないと思っている方もいるでしょう。しかし、実際に申告してみるとその額の多さに驚かれる方も多くいます。
もっとも、この税金は生前の準備次第で大幅にその税金を減らすことが可能なものです。残された家族に負担をかけないためにも事前に準備していくことが大切です。そこで、この税金を減らす方法をいくつか以下、紹介します。
まず、相続税対策を行う上でもっともメジャーな方法は生前贈与です。年間110万円までの贈与であれば非課税になります。 他にも、省エネ等住宅の場合、1200万円まで非課税になる住宅取得資金贈与もあります。
注意点としては、直系尊属からの贈与に限ること、不動産の贈与については対象にならないことなどが挙げられます。 また、生前に被相続人がローンを残さずお墓を購入すると、相続税がかからない財産になるので、有効な節税対策の一つになります。
なお、節税対策にはここで紹介した以外にも色々とありますので、なるべく早く調べて対策することをおすすめします。

シミュレーションを行って効率的に相続を考えていこう

相続を行うときに重要なのは、将来的にトラブルが生じないようにきちんとシミュレーションを行うという点です。例えば、権利者が複数存在する場合には遺産相続の割合をきちんと考えなくてはいけません。
法定割合で分割することができないケースでは、遺産分割協議をしなくてはいけないですし、それに伴う相続税の割合もまた異なってきます。自分たちで考えることができない時には、弁護士などの専門の法律家に相談をする必要性もありますのでコストもかかってしまいます。
こういった、将来的な費用面や手続き面での煩わしさや面倒さを考える時にも。正確なシミュレーションは非常に重要です。
特に、大きな遺産を抱えたまま亡くなった人が存在する場合には、必ずお金の面でトラブルが生じる可能性が生まれてしまいます。
事前に対策をしていく意味でも、十分な準備をしておく必要があります。相続人と相談をしながら、正しい手続きができるようにしておかなくてはいけません。

相続税の高さは遺産相続した時の金額で決まる

日本国内で相続税を支払う場合、相続税の高さは何を基準としているのか気になる人は少なくありません。基本的に遺産の金額に応じて10パーセントから55パーセントまで段階的に増えていくのが、日本国内での特徴です。1千万円未満の場合、税率は10パーセント、3千万円未満の場合は15パーセントなどと決まっています。
ただし、基礎控除額を差し引いた金額の中から税率が決まってくるため、確認しておくことが重要です。基礎控除額は1人当たり3千万円と、さらに法定相続人の人数に600万円をかけた金額となります。
この金額未満の場合であれば確定申告も必要ありません。なすべての遺産が金額として算出した場合、地価が上がっていて基礎控除額よりも高くなっている場合や、小規模宅地の特例を使って基礎控除額の範囲内となっている場合は、相続に関して確定申告を行わなければなりませんので注意が必要です。
あくまでも現金だけしかない場合は別ですが、土地や家屋などが含まれている場合は税理士などの専門家に相談して申告してください。

ペットに相続させたい場合はどのようにすれば良いのか

ペットを飼っている人は、自分が亡くなったあとに遺産を愛する動物のために使ってほしいと考えることもあるのではないでしょうか。
とはいえ、日本の法律では、犬や猫などの動物は遺産を受け継ぐことはできません。相続をさせることはできませんが、信頼できる誰かに遺産を預けペットの世話をしてもらうという方法もあります。負担付遺贈では、動物を飼育することを条件に飼育に必要な財産を譲ることができます。
このほかでは、信頼できる財産者に財産を託して、その財産の管理を任せる信託という方法もあります。 死後に安心して動物の飼育を託すためには、信頼できる人と合意をしておくことが大切です。
亡くなってからでは、準備もできませんので、元気なうちに準備を進めておきましょう。効力のある遺言書や契約書を用意しておくことも考えておきたいところです。
相続は難しい問題もたくさんありますので、相続に強い弁護士など専門家のサポートも利用してみましょう。

相続の時法律家に頼むとどのような利益があるか

親が亡くなった場合には、子供や親族等が相続するのが一般的になります。
このような場面においては、大抵の場合プロを間に間なくても問題ないことが多いです。
揉め事が起きた場合や、権利関係が明確でない場合はプロにお願いをすることになりますが、普通相続ではなかなかプロにお願いをする事はありません。
しかし、資産家などの場合には様々な財産を持っており権利関係等がわからないケースがあります。
このようなときには、プロである法律家に依頼するのが良いかもしれません。
法律家に依頼した場合、果たして利益があるのか問題になりますが十分にあり得るといえます。
多くの人は、着手金や成功報酬等を支払わなければいけないため、法律家に任せることによりマイナスになるのではないかと考える人もいるでしょう。
ですが、法律家に依頼した場合でも大抵の場合問題解決することで得られる利益の20%位が法律家の報酬になりそれ以外は相続人の下に残りますので、心配しなくても良いでしょう。

登記の義務化で変わる相続後の不動産の問題

相続により不動産を引き継いだものの、更地にしてしまうと撤去の費用がかかるだけではなく高額な税金が発生することを回避するケースや、そのもの支払い能力が無いなどの理由から空き家のままで放置する事例が問題となっていました。
老朽化が進めば倒壊の恐れがあったり、ゴミが溜まって近隣の住民に迷惑をかけるなどがあったとしても、節税の方にインセンティブがあると判断する地権者が増えていました。
それらの問題を解決するために法改正が施行され、いよいよ登記の義務化が始まります。
自身がその不動産の相続の対象であると発覚してから3年以内に登記を行わなければ10万円以下の過料が科せられるという厳しいもので、今後の相続問題に大きな影響を与えます。
不動産の相続が発生した場合にはこれらの問題も勘案して、どうするのが最適なのかを判断する必要があります。
自身で判断できない場合には、不動産に詳しい弁護士や行政書士などに相談するのがおすすめです。

代表相続人とは何でどのような人が適任なのでしょうか

代表相続人というのを、あなたはご存知でしょうか。遺産相続の権利がある人が複数名いる場合は、とかく手続きが煩雑になりがちです。
その場合に関係者の中から代表として選任される人を、このように呼んでいます。選ばれると、口座の解約手続きや、税務署での相続税の支払いなどが一任されます。
このような存在は必ずしも必要というわけではありませんが、選んでおくことで、スムーズにことが運ぶ可能性があります。
ではこの場合の適任者とは、どのような人になるのでしょう。まず銀行や役所などで色々手続きを行うことになるので、平日に時間が割ける人が求められます。そして責任感があって物事に真摯に取り組むことができる人、物事をきちんと管理できて、他の人から信頼されている人などがふさわしいといえます。
もちろん代表相続人になったからと言って、受け取る遺産が増えるというわけではありません。ただ他の皆で話し合って、報酬に値するお金を払うことは可能です。

相続で遺言無効確認をすると1から手続きを行うことができる

相続では、亡くなった人が遺言書などを残しておくことでその通りの法律的な効果をもたらすことができる側面があります。
ただし、こういった遺言書はきちんとした手続きで進めなくてはならず、それを満たしていないときは相続権を有している人が遺言無効確認訴訟を行うことができます。
文字通り、裁判所にそれが無効であるという確認を取ってもらうことによって、当該相続の在り方を一から見直すことができるものです。
実際に、こういった訴訟は複数の権利者が存在するときには非常に有効です。元々、相続は法律に規定されている配分が存在しますので、それに基づいて分割されていくことが普通です。
しかし、遺言書があるとこの配分を変えることができますので一部の権利者だけが大きな金額を継承することも難しくありません。
こういったことを防いで、きちんとした手続きができるようにするのが遺言無効確認訴訟です。事前に弁護士に相談をしておけば、スムーズに手続きができます。

遺産相続における公正証書遺言の作成について

親などがなくなった際において、大きな遺産があった際には相続に関しいろいろなトラブルが発生することがあります。
そのようなことを避けるために、最も有効なことされているのが遺言書の作成です。色々な手続きがあるのですが、この書類が最も効果を発揮するといわれています。遺言書には大きく分けて、自筆証書遺言と公正証書遺言と秘密証書遺言の三つの種類があります。
それぞれについて効力は一緒なのですが、作成方法が大きく異なります。自筆証書遺言は、故人が遺言を残す際に自筆で内容や氏名や遺言の内容などを記入し捺印したものです。
これに対し、後半の二つは公証役場で保存されるものです。公正証書遺言は、公証人が遺言を依頼した人からの口授を受け作成した遺言のことです。その際に2人の承認も必要となります。
この相続遺言書作成の際には、自筆証書遺言のように自筆である必要はありません。ワードプロセッサーなどを利用して内容を作成することが可能です。

他の被相続人に対する殺人や殺人未遂により刑事罰を受けた者について

世の中の揉め事の中で、最も問題となるのが遺産分配についてです。問題となるのは、巨額の遺産などがある場合です。そのような際には、それまで仲が良かった兄弟などにおいても仲違いするということはよく知られています。
最も兄の深い兄弟などでこのようなことが起こると、その後のことについてもいろいろと争いが起きます。普段では信じられないようなことが、起きることが知られています。
中には、大変痛ましいことなのですが自分の相続の順位を上げるために、他の人の殺人を犯したり殺人未遂の罪を犯したりするということが発生することがあります。
そのような中において、極端な場合には他の被相続人相手に対して殺人や殺人未遂などの事件を起こす場合も知られています。
そのような事件を起こし刑事罰を受けた場合には、財産の分配を受け取ることができないと言う相続欠格と呼ばれる状況になります。
相続欠格という状況になった際には、財産の受け取る権利自体が消失してしまうことになってきます。

日本の相続税は高い?世界と比較検討してみた

負担感が重いと言われる日本の税金ですが、相続税に関してはどうでしょうか。日本とOECD加盟国を比較した場合は、相続税の最高税率が最も高いのは日本の55%であり、ついで韓国の50%、フランスの45%、アメリカとイギリスの40%、スペインの34%となっています。
これだけみると世界の中でも日本は、相続税の最高税率が高い国となりますが、その理由を遡っていくと戦後に導入されたシャウプ勧告に行き着きます。
シャウプ勧告は敗戦後の日本に導入された税制の基本方針であり、公平な税体系の確立に基づいたものとなっており、最高税率の高さの理由ともなっています。
気になる日本の年間税収にしめる相続税の割合は、1.33%ほどとなっていて、全体に占める割合はさほど大きなものではありません。
また対象となる財産の定義も国家によって違っていることも考慮する必要があります。日本の最高税率はOECD各国と比較しても高くなっており、年間税収に占める割合でも韓国、ベルギーに継ぐ3位となっています。

難しい相続登記も今ではオンラインでできる

思いがけず不動産を相続した場合、まず最初にしなくてはならないのが登記です。難しい登記もマイナンバーカードを利用すれば、オンラインで簡単に申請することができます。自宅でできるのが大きなメリットです。
ただし申請用ソフトのインストールが必要な場合もあります。不動産登記申請が初めての方でも、申請情報作成例などを元にインターネットから気軽にできると評判です。
特に単独で不動産の相続する場合なら、フォーマットがあるので難しいことはありません。遺言書がある場合やない場合、様々なケースがありますがオンライン申請では、電子証明書を使うのでスピーディに終わります。
電子署名を使うことで、市役所に行って住民票の写しを取る必要がなくなります。時間も労力も節約になると高評価です。
マイナンバーカードを所持していない時は、書面による通常の申請が利用可能です。相続登記のために、前もってマイナンバーカードを申請しておくといざという時に役立ちます。

自筆証書遺言は相続前に家庭裁判所へ提出する

自筆証書遺言は、遺言状の中で最も手軽に書くことのできる物です。自筆で執筆し、署名・捺印をすることで完了します。
とはいえ、遺言として有効となるのかどうかは別問題であるところがデメリットの一つです。理由は民法に定められた様式に従わない形で書かれている物は、相続において無効と判断されることが多いといいます。
また、遺言にしたためられている財産を生前に処分してしまった場合も無効と判断されることが多いです。遺留相続などに配慮して執筆しなければならないこと、保管場所を適切にしなければならないこと、更に遺言書の真偽に関して家庭裁判所の判断を待つ必要があることから、あまりおすすめできません。
公正証書遺言といい、公証役場で承認の署名・捺印のもとに作成されている遺言は家庭裁判所の判断を待たなくても有効とされているため、活用する人が増えてきました。
円滑な遺産分割をしたいと考えていることや、また、どうしてもある特定の人物に譲りたい遺産などがある場合には、まず公正証書遺言を執筆したほうがいいでしょう。

相続問題には地面師などのトラブルが発生することも

土地を相続するといった場合、気をつけなければならないのが地面師と呼ばれる詐欺師のトラブルです。以前、大規模な不動産企業が地面師の詐欺に引っかかるという事件も発生しました。
相続といった書面を必要とする手続きが多い場合も、詐欺には注意する必要があるのです。こうした詐欺師は、他人の土地を自分のものであると偽ったり、第三者に売却して金銭を手に入れようとします。書類を偽造し、さも本物のように見せることもあるのです。
土地相続は、所有権移転登記や権利証が必要となります。一般人の方の場合、こうした書面を見たことがないというケースも少なくありません。そこに詐欺師が付け込む可能性が出てくるのです。
相続手続きを間違いなく行いたいのであれば、弁護士または司法書士の力を借りることが最も安心な行動と言えます。
権利書などは印鑑が必要となるため、本来であれば偽造は難しく専門家の力があれば見抜くことも可能です。手続きは簡単に済ますのではなく、慎重に行う必要があります。

世の中に数多く存在する相続時の醜い争いを避けるために

世の中の人間はいずれ天寿を全うし、天国へと旅立ちます。残された側は非常に悲しいですが、最後のお別れとして心を込めた葬儀を執り行い、しっかりと見送ることが務めです。
しかしその故人が大変な資産家だと、少々面倒なことが起こってしまいます。例えば現金や株式、不動産などは、多くの場合残された家族が相続することになります。この時必ず相続される資産が多いか少ないで、親や兄弟、親戚が揉めることになるでしょう。
家族が崩壊してしまうリスクが増えるため、生きているうちにちゃんと対策を練っておく必要があります。
そこで故人は亡くなる前に正式な遺言書を残し、家族が争わないような仕組みづくりを前もってしておくべきです。それにはまず信頼の置ける弁護士を見つけ、ぜひ自分の相続の責任の一端を担ってもらいましょう。
遺言書の作成の仕方やいつ遺族の前で公開するかなど、あらかじめいくつかのアドバイスを受けておくことが大事です。
家族が平等に相続して争いを避けるためにも、しっかりと内容を考えて書くようにしましょう。

相続を放棄するには3か月というリミットがある

何らかの事情で相続を放棄したい場合、3か月というリミットがあるため注意が必要です。民法により放棄の手続きは、リミットの範囲内で行わないとなりません。相続の開始を知ってから計算される決まりです。
放棄する希望があっても、遺産分割協議への出席が必要となるケースもあります。難しいのは借金の場合で、借入金は残った親族の負担です。弁護士からのアドバイスを受け、親族間でこじれないようにすることが大切となります。
また書類は管轄の家庭裁判所に提出しなければなりません。優秀な弁護士であれば、書類作成から提出まで一貫して助けてくれて安心です。
家族に宣言しただけでは放棄にならないため、気を付けます。法律事務所のサポートプランにはあらかじめ費用が明確になっているのが利点です。不安な場合は、見積もりや細かい経費を出してもらえます。
その他、わかりにくい法律上のことは気軽に相談可能です。素人が個人で手続きをするよりストレスが掛かりません。

相続放棄する場合は3ヶ月以内に手続きが必要

親などが亡くなった場合、不動産や現金・預金などの財産を相続することになりますが、財産にはマイナスのものも含まれる場合があります。
マイナスの財産とは要するに借金のことです。
例えば、プラスの財産が100万円あっても、マイナスの財産が200万円あれば、合計でマイナス100万円の財産を相続しなければなりません。
しかし、こんなマイナスの財産をもらいたいと思う人はいないでしょう。
実は、このような場合は財産の継承を拒否することも可能です。
相続を放棄する場合は、3ヶ月以内に手続きをする必要があるため、あまり余裕はありません。
早めに親などの財産などをしっかりと精査することが大事です。
できれば、生前によく話しあって財産状況がどうなっているのか把握しておくべきです。
ちなみに、相続の放棄は部分的に行うのは不可能です。
例えば、借金だけは放棄するけれど、他の不動産や現金・預金だけはいただきますというようなことはできません。
放棄する場合は、すべての財産を放棄する必要があります。

相続で負債軽減するには放棄することを検討

相続では故人に帰属していた遺産を、最終的に関係者のもとに帰属させることが終局目的として意識されています。
遺産にはプラスの経済価値のもつ資産(現金や有価証券・不動産等)だけでなく、マイナスの財産(負債つまり借金のこと)も含まれています。
したがって特になんらのアクションもとらないまま相続手続きを進めていると、プラスの資産どころか借金だけを負わされることにもなりかねません。
つまり亡くなった親族が生前作っていた巨額の借金の返済をするべき立場に追い込まれる事態が重々ありえるわけです。
このような状況に直面しないために負債軽減措置としては、家庭裁判所で相続放棄の手続きをとる選択肢をあげることができます。
放棄するというのはプラスはもちろんマイナスの遺産も一切承継しないという意思表示です。
ただし期間制限が設けられており、基本的に被相続人が死亡した事実を認識したときから三ヶ月とされています。
これを熟慮期間とよびますが、事情によっては伸長もみとめられることもあります。

相続を巡って所在不明者がいるときの手続きはどうするか

相続とはなくなった家族の遺産について、権利者が話し合いにより誰がどの財産を引き継ぐのかについて合意することを指します。
話し合いをするというのは、当然関係者の所在が明らかになっていることを前提にしています。
行方不明であったり連絡が取れない関係者が存在する場合、とれる選択肢は二つあります。
まず不在者管理人を利用することです。
不在者管理人制度とは行方不明で去来する見通しがつかない人を対象に、法定代理人として管理人を裁判所で選任してもらうというものです。
不在者管理人は行方不明になっている人の財産全般につき、調査したり裁判所に納める予納金が高いなど使い勝手がいいとはいえない側面があります。
7年以上行方不明になっているというときには失踪宣告という手続きもありますが、事務負担が重く手続きが厳格という点では共通します。
相続に関連して特定の不動産との関連でのみ管理権を付与する新たな管理人制度が最近改正法で導入されており、注目を集めています。

相続では税金についての非課税枠がポイント

家族の誰かがなくなったとき、残った遺産の帰属先をだれにするのかを話し合いで明らかにする必要があります。
これが相続という手続きの場面ですが、このときに注意を払うべきなのは税金を支払うことになるのか、その必要がないのかということです。
平たく言えば相続税の課税問題ですが、いくらの金額の遺産であろうと課税対象になるわけではなく、一定の金額以上に評価されることが前提になります。
つまり一定額以下の金額であれば、税金を支払う必要がないわけです。
この問題を検討するときに出発点になるのは、非課税枠(基礎控除)内に遺産が治まるのかという点です。
基礎控除は親族により金額が決まっており、配偶者の基本控除は3000万円、子どもは一人あたり600万円となっています。
例えば両親と子ども二人というケースを前提に検討すると、基礎控除3000万+子ども二人で600万*2で1200万で合計4200万円までの遺産に治まれば相続税の課税対象ではありません。

相続手続きの一般的な日程を簡単に解説します

相続は一生に何度もあることではないので、司法書士か弁護士に依頼すると安心です。
一般的な相続手続きの日程は、まず相続人の確定から始めます。相続人の人数や居住地を把握し、行方不明者がいないか確認するのが良いです。
次に不動産などの受け継ぐ財産を確定します。土地や家が複数ある場合は注意が必要です。
関係者全員で遺産分割協議をして、それぞれの受け取り分を決定します。
土地を売ってから現金で分割する方法もあります。財産の名義変更を忘れないようにすることが大切です。
これは司法書士の専門領域なので、自分で申請することが困難な場合は法律の専門家を頼るのが最善です。
税の納付については、税理士に詳しく聞いておくようにします。
借金などの遺産を放棄する手続きもあって、素人には複雑です。
節税対策なとは税理士が細かく教えてくれます。
固定資産税は税収の使途が定められていない普通税となり、土地だけでなく家屋や償却資産についても発生します。

相続では市役所などに赴いて書類を集めることになる

相続手続きでは市役所に足を運んで色々な書類を集める必要があります。
手続きは面倒なので司法書士などの専門職に依頼するのも選択肢ですが、お金をかけたくないときは手間をおしむことなく事故解決するのは可能です。
それでは相続において市役所であつめる書類にはどのようなものがあるのでしょうか。
・戸籍関係書類、これは死亡した方にまつわるものです。
手続きに参加するべき関係者は誰になるのか、これは戸籍関係から読み取る必要があります。
死亡した人が本籍を置いていたところに出向いて発酵してもらうことになります。
住所地と本籍地は違う概念なので、あくまで本籍について請求することになります。
・固定資産税関係の書類、これは死亡した人が不動産を所有していたときに、名義を書き換えるために重要な意味をもちます。
所有権移転登記を申請するには法務局に登録免許税を納付しなければなりません。
この税金を算出するために固定資産税関係の書類が必要になるわけです。

相続税の支払いが必要になったら節税対策をしよう

親が亡くなって相続した場合、税金の支払いが発生してしまう恐れがあります。ただし遺産総額が3600万円以下であれば税金がかからないので申告する必要はありません。
その税金が発生してしまう割合は全人口の8%程度なので、この基礎控除をしっかり覚えておくことが大切です。
我が家には3600万円もないから関係ないと考えがちですが、この内訳には土地や持ち家も含まれるので、これらがある人は注意する必要があります。もし土地や家屋を含めて3600万円以上になるなら、しっかりと節税対策をすることが大切です。
相続した実家に住む予定がないなら売却することを検討しましょう。空き家を売却した場合は、譲渡所得から最大3000万円を控除することができます。
またマイホームを売却した場合も条件を満たせば、譲渡所得から最大3000万円を控除することが可能です。相続してから3年10か月以内に売却した時は、相続税の一部を取得費として加算できる特例もあります。

相続税はいくらかかるの?計算してみよう!

遺産を相続しても、すべての財産に税金がかかるわけではありません。中には非課税になるケースもあります。自分の相続税が一体いくらになるのか気になる所です。
やり方さえわかれば、自分で計算することができます。する前には、遺産の中で税がかかるものとそうでないものを確認しておくことが大切です。
非課税のものは意外と少なく、墓石や仏具、あるいは地方公共団体などに寄付したものなど一部に限られます。次に基礎控除額を計算します。基礎控除額は相続する財産の総額から一定額が控除される金額の事です。
基礎控除額は相続人の数×600万円に3000万円を足したものです。つまり、3600万円を下回る場合は税金がかからないということになります。
次に遺産総額から基礎控除額を差し引き、出た金額が課税対象額となります。次に国税庁の税率の速算表から、税率と控除額を当てはめてみます。課税対象額に税率をかけたものから控除額を差し引いたものが税金になります。

相続において遺留分ってどのぐらいもらえるの?

故人が死亡し、生前に遺言を残していた場合でも、残された相続人には遺留分があります。
この権利を主張されると、受遺者は金銭で相当額を原則として、支払わなければなりません。
この具体的にはどの程度支払わなければならないのでしょうか?渡さないといけない金額は残された家族の続柄によって異なります。
残された家族等が子供の場合は、遺言書等が無ければ貰える金額の2分の1であり、残された家族が父母や祖父母等の直系尊属の場合は本来貰える額の3分の1です。
例えば、故人の相続人が妻、長男、長女で相続財産の額が1000万円のケースで、長女が権利を請求した場合、本来もらえる割合の2分の1つまり8分の1の125万円もらえることとなります。
なお、故人の兄弟姉妹が相続人となるが遺言等で何ももらえなかった場合、当該兄弟姉妹は何の権利も主張することは出来ません。
何故なら、兄弟姉妹には法律の規定によって、遺留分が認められていないからです。

相続をするときの責任などを考えてみることが大事

相続とは、亡くなった人が残した財産や資産を法律に基づいて分けることを言います。
しかしこれには様々な問題点が存在します。
人が多数いる場合分配が複雑になり、トラブルが起こることがあります。
また、人同士の意見が分かれ人間で争いが発生することも少なくありません。
このような場合には、家族関係や親族関係が悪化することもあります。
また、債務超過だった場合相続人は債務を引き継ぐことになります。
つまりが借金を返済することになるため、財産があっても実際に手元に残る金額が少なくなる可能性があるわけです。
税の問題もありますが税は、相続人が財産を受け取った際に課税される税金です。
税は支払う必要があるため財産が多い場合には莫大な金額がかかることもあります。
未成年者である場合、財産管理や相続財産の取り扱いが問題となることがあります。
未成年者は財産管理能力が未熟なため、財産を守るために成年後見人を選定する必要があるわけです。
以上のように、多くの責任や問題点が存在します。
これに関するトラブルや問題を回避するためには、これに関する法律や手続きを正確に理解し意見調整や遺産分割協議書の作成など、事前に対策を取ることが必要です。

相続は専門的な知識を持つ人に任せるのがおすすめ

相続は専門家であっても難しい法律が伴うものであり、一般の方が全ての手続きを行うのは困難を極めます。
遺言が残されていればそれに従えば良いものの、大半のケースでは遺言もなくある日突然相続が発生したことを知らされます。
特に親族間でその分配について係争に発展してしまうケースも少なくないことから、話し合いだけで解決するのが難しいことも考えられます。
そんな時は相続に関する専門的な知識に長けた行政書士や弁護士などに任せて、法律に基づいて誰もが納得できる円満解決を目指すのがおすすめです。
誰にどこまでの権利があるのかを確定するのはもちろんのこと、不動産などそのままでは分配するのが不可能なものは売却をして現金化してから分配する方法もあります。
面倒な書類の書き方についてアドバイスをしてくれるほか、役所に書類を届けるのも委任状を提出すれば代行してもらうことも可能です。
相続は複雑なものですが、専門的な知識のある人に任せれば公平かつ確実に解決できます。

相続は生前に対策することで税金対策もできる

一般的に、相続というのは亡くなった人の財産を親しい人達に対して継承させることを指します。
しかし、生前に財産分与を行うことによって形式的に相続という形で手続きを進められるものも存在します。
客観的には、贈与という形になるので税の基礎控除などを利用することができないという側面もあるのですが、その一方で特定の制度を用いると相続開始前3年以内に贈与された財産に関しては相続財産と扱われるようになります。
ですから、実際に亡くなった後に継承させた形で処理を行うことができるようになります。
もちろん、基礎控除の対象に関しては限定的になってしまうものもありますが、それでも税金関連の対応を行いやすくなるので、利用している人は多いです。
財産分与をこのような形で行うことで、将来的なトラブルや節税を目的とした対応を行いやすくなりますので、メリットも多いといえます。
残された家族などと相談をしながら、手続きを進めることが好ましい。

親からの遺産相続で土地を受け取る場合にすること

親が亡くなった後に、土地を相続する事になりました。何が必要になるかは状況によって異なります。土地は一つ続きにのように見えて、幾つものブロックに分かれていることもあります。
残された家族で相続に関する協議書を作成しなければいけません。つまり誰が何をどのくらい相続するかを書面にして、各々の印鑑を押します。
それがないと相続に関する手続きが進みません。時折もっと多くを欲しいと主張する人がいることも事実です。その場合には誰かが仲介に入る必要があります。こうしたトラブルを回避するためには生前に話し合うことが必要です。
もちろん自分が亡くなった後のことを考える事には抵抗があります。それでも家族のことを考えるなら、冷静になって始めるべきです。
歳をとってくると判断力も衰えます。身の回りの事すらできなくなるかもしれません。それは残念なことですが、今の体制では仕方がないことです。賢く歳を取ることは全ての人にとっての課題です。

相続人がいないことで墓じまいを決断する人が増えています

以前と比べると結婚をしないという選択肢をする人が増えていますし、結婚をしても子どもを持たない生活を選ぶ人も少なくありません。
そうなると代々受け継がれていたお墓を相続する人がいなくなるので、墓じまいを選ぶことが増えています。もちろん相続者がいた場合でも、墓じまいを選ぶことがあります。
それはお墓を維持するとなると、定期的に雑草を除去したり墓石を磨くといった管理が必要になります。またお墓を管理している寺院などに、毎年お金を支払わなければならないので、それらの負担を誰かにおわせたくないと考えるようになったからです。
そこでお墓を処分して、遺骨を取り出して散骨や永代供養を行う会社や寺院に預けることが増えています。散骨にすることで自然に還るという考え方を取ることができますし、永代供養をする場合にも相続人には迷惑をかけないというメリットがあります。
終活を考えることが増えたのは高齢化社会が進んでいるからだと考えられますが、あらかじめ準備しておくのも良いことだといえます。

不動産を相続するときに必要な登記手続きの代行依頼

不動産を相続の対象として手続きしていく場合には、専門的な考え方が非常に重要です。実際に、登記手続きが必要になるケースがほとんどであるため、このための代行依頼を出しておかないとまともに手続きを行うことができなくなる可能性も否定できません。
一般的な不動産の登記手続きの場合には、法律の専門家に相談することによってこの条件を満たすことができます。
しかし、相続登記の場合は利害関係人が複数存在するケースがありますので、まずは誰が権利を持っているのかを確定させる必要があります。
こういった話し合いの手続きにというのは、遺産分割協議という形で進めていくことがまず重要で、そこで決められた話し合いの結果をもとにして相続登記をして行かなくてはいけません。
当然、誰か権利を持っているのかを証明するための書類として、遺産分割協議書なども準備しておく必要があります。ですから、不動産を相続する場合にはこういった準備をしておくことが重要です。

多額の負債を相続してしまう理由や避ける方法

相続はお金や不動産ばかりではなく、多額の負債まで受け継いでしまうことがあります。法律上、負債も資産の一種と見なされるのが理由ですが、自分が作ったわけではない借金を抱え込みたくないと考えるのは自然な流れと言えるでしょう。
多額の負債で生活を困窮させないためには相続放棄が確実な方法です。本来なら本人が放棄の手続きを行いますが、法律の知識が必須なうえに幾つもの書類を用意しなければいけません。手間がかかる行為なので一般人には容易ではないと言えます。そのため、弁護士や司法書士など法律の専門家に依頼するのが賢明でしょう。
相続放棄が認められると借金に苦しむ心配はなくなりますが、一方でプラスになる資産も受け取れません。また、一度受理された届け出を撤回することもできないので慎重な判断が求められます。
自分が受けとるはずだった資産を別の相続人が受けとる形になるので、後に生じる様々な負担については事前に話し合うことを忘れてはいけません。

生前相続の重要性とスムーズな手続きのためのポイント

人生にはさまざまな転機がありますが、その中でも相続の準備は非常に重要なテーマです。
遺産分割や税の問題など、多くの方が頭を悩ませることがあります。
また自分の生前においても資産や遺産の管理、遺言の作成など、後世に残すものについて考える必要があります。
まず、相続ですが遺産分割を円満に行うためには、事前の準備が欠かせません。
具体的な方法としては、相続手続きの手順や必要な書類の確認をすることが挙げられます。
税についても財産の評価や節税対策を考える必要があります。
税理士や行政書士などの専門家の助言を受けることも重要です。
また、生前の準備も重要なポイントがあります。
まずは資産や遺産の管理です。財産目録を作成し定期的に更新することで、自分の財産や資産の状況を把握することができます。
さらに遺言の作成も検討しましょう。
遺言書を作成することで、自分の遺産の分割方法を明確にすることができます。
準備は後々のトラブルや争いを避けるためにも重要です。
事前に手続きを進め、適切な情報収集や専門家の助けを借りることでスムーズな移譲を行うことができます。
相続に関する問題や手続きについて詳しく理解し、適切な準備を行うことで、自分や家族の将来に安心をもたらすことができるでしょう。

相続を弁護士に相談するならまずは無料相談を利用できる

相続が発生した場合、対象者同士で話し合って均等に分配できれば問題ありませんが、高価なものが存在していた場合は感情のもつれあいになったり、最悪の場合は法廷闘争に発展することもあります。
そんな時は弁護士に相談し、法律に基づいたフェアーな分配を行う方法がありますが、ここで気になるのが費用の問題です。
大半のケースでは依頼人が得た利益に応じて着手金や報酬が決まることから、相続するものが高額であるほど弁護士費用も高額になってしまいます。
しかも着手金は業務を依頼した時点で支払うことから、手持ちが無ければ厳しいものがあります。
そんな時に利用したいのが、弁護士が提供している無料相談です。初回の概ね30分から1時間程度が無料となっており、まずは気軽に相談することが可能です。
ここで相続できる権利がある物品や金銭の概要を予想できれば、支払う金額や損益分岐点について判断し、その後の対応を検討することが可能です。
このような無料相談なら、相続についてしっかりと向かい合うことができます。

相続に第三者が関係してくるとはどのような状況か

相続とは亡くなった方を所有者とする一切の財産について、配偶者や子どもや兄弟姉妹などの関係者の間で最終的な帰属先を決定することです。
誰がどれだけ引き継ぐか、などの基本ルールは民法に規定されており、これらの親族以外の第三者が関与することは、原則としてありません。
しかし例外的に第三者が関係してくる場合として、遺贈と遺言執行者が関与する場合を指摘することができます。
遺贈とは、相続人以外の人や法人に対して、遺産の全部または一部の所有権を与えることを意味する法律行為です。
具体的には遺言書を作成しておき、だれそれにどのように財産を与えるのかを明記しています。
ところで遺言が効力を発生する状況では本人はすでに死亡しているので、具体的に遺言内容を実現する代理人が必要です。
このときに選任されることがあるのが、遺言執行者になります。
遺言執行者は亡くなった本人の代理人の立場で、遺言内容を実現するための手続き全般に従事します。

相続に直面したときにチェックするべき事項とは

いざ親族の人が亡くなり相続に直面すると、遺産の処遇に焦点を当てるだけでも色々とクリアしていくべき課題があることに気づくはずです。
円滑に相続手続きを進捗させるためのチェック事項を確認しておきましょう。
まず遺言が存在しないか、故人の書斎や金庫など重要書類を収納しているような場所を探索します。
生前から遺言書を託されているのであれば別ですが、いずれにせよ遺言書の取り扱いには慎重に向き合う必要があります。
自筆証書遺言でれば裁判所での検認手続きが必要です。
次は故人の遺産全体を明らかにすることです。
口座開設が判明している通帳や定期預金証書などはもちろんですが、生前に投資などをしていると、証券会社の口座の有無も確認してください。
ネット証券の場合は、すべてのデータがオンラインで記録されているため、パスワードやIDなどの情報の確認も必須です。
暗号資産やFX取引などの有無なども、パソコンやスマートフォンでアクセスしてようやく判明することもあるほどです。

行政書士の仕事は相続問題をはじめとして幅がとても広い

行政書士は様々な仕事を請け負っていて街の法律家として多くの人に信頼されていますが、中でも重要なのは相続に関する問題を引き受けていることです。
この問題はデリケートな要素を孕んでいて他の人に知られることなく事を進めたいと考えている人が多いので、秘密厳守で事に当たることになります。
信用されているからこそ任されることが多いので行政書士はとても遣り甲斐のある職種ですが、その分責任も伴うので最後まで気を抜かずに依頼主のために頑張る必要があります。
相続の問題はとても広く亡くなった人が遺言書を遺していた場合はそれに従い、何も遺していない場合には法定相続分によって分割されるのが一般的です。
他にも遺留分減殺請求など様々な請求権などがあり請求する場合には手続きが必要となりますが、そういったことに関しても詳しく説明することになります。
このように行政書士の仕事は相続に関することをはじめとして色々ありますが、どれも大切なことばかりなので依頼主の立場に立って行動することが求められています。

相続問題を解決するためには資格保有者の話を聞いた方が良い

相続に関連する国家資格は弁護士や税理士、司法書士の他に行政書士や不動産鑑定士、ファイナンシャルプランナーなど色々あるので、相続問題で困ったことがあったらその時の事情によって頼む士業を決めることができます。
税の問題で困ったことがあり計算方法がわからず苦労している場合は税理士に相談をすれば直ぐに問題を解決できますし、土地や建物のような不動産を取得した場合には登記をする必要があるので司法書士に頼むことになります。
不動産の価格について不明な点があったら不動産鑑定士に頼めば良いですし、親族の間で揉め事が発生したら弁護士に間に入ってもらえば良いので心配することは何もないです。
どのような問題が発生するのかはその時々の事情によって異なるので大変なことは色々ありますが、それに順応した士業の人達がいるので何かあっても安心です。
相続の問題に関しては複雑なことが多く一人で悩みを抱え込んでしまうこともありますが、素人が一生懸命考えても解決できる知識がないので困ったことがあったら弁護士などに直ぐに相談に乗ってもらうようにした方が良いです。

相続の相談先として優秀な弁護士事務所のメリット

相続をする場合は、事前にそれを専門としている弁護士事務所に相談するのが得策です。将来的に、余計なトラブルに巻き込まれる可能性が低くなりますので安心して生活をすることができるからです。
相続では、様々なトラブルが発生するリスクが存在します。その中でも、特に大きなリスクとして考えられているのが権利者同士での話し合いです。
特に、遺産分割が必要になる場合にはお互いが納得をして話を進めなくてはいけませんので、交渉に頓挫するとその時点でトラブルに発展します。
下手をすると、ずっとそのままの状態になってしまうこともあるので早い段階で弁護士に間に入ってもらわなくてはいけません。
相談先として弁護士が最適なのも、法律的な観点から安心できる様々な証拠を残すことができるからです。後から権利を相手から主張されなくなるので、安心です。
遺言書はもちろんですが、遺産分割協議などでも役に立ちますので安心して任せられる魅力が存在します。

本人達では解決できない相続の揉め事は弁護士に相談しよう

相続は、権利を持っている人たちがどうしても解決することができないようなトラブルも存在します。例えば、遺言書の存在やその内容に関して納得することができないような状況がある場合です。
特に、遺産に関わるようなケースではどういった内容でそれが分配されるのかということを考える必要がありますので、こういったポイントで大きなトラブルになってしまう可能性は十分にあります。
元々、相続というのはあらかじめ決められた法定割合で分割するというのが一般的です。ただ、その内容で納得できる人が全てであるというわけではありません。
遺言書などのように、亡くなった人の意思表示を考えなくてはならないケースもありますので、こういったケースで揉め事が生じてしまう可能性は十分に存在します。
そして、こういった法律的なトラブルを効率的に解決できる存在としてサービスを提供しているのが弁護士です。実際に、無料相談から相続の依頼を行うこともできるので安心して任せられます。

相続の手続きをしない場合には罰則をともなうことがある

亡くなった人が生前に所有していた財産を受け継ぐ相続については、その後に何らかの手続きが必要になってくる場合があります。
たとえば土地や家屋などの不動産を相続した場合には、遺産分割協議書などの証拠となる書類を添えて法務局に申請し、所有権移転登記をすることになっています。
こちらは以前は法律上は任意のものでしたが、あまりにも手続きをおろそかにする人が多く、登記されている情報と所有実態が合わないケースが頻出したため、法律改正により義務化されたところです。
もしも期限までに所要の手続きをしなかった場合には、10万円以下の過料が課せられる旨の罰則も法律に規定されています。
ほかにも相続税の申告と納付について、法定の期限までに申告書を提出せずに不当に課税から逃れた場合には、5年以下の懲役または500万円以下の罰金といった罰則もあります。
このように手続きが必要なことをそもそも知らないと重大な事態に巻き込まれてしまうことがあります。

相続の猶予期間はどのくらいなのかは大切なこと

相続手続きには期限が決まっているものが多いので、その期間をしっかりと理解しておく必要があります。
期限までに手続きが終わらなかった場合、延滞税が課せられたり税金の軽減制度が利用できないなどのデメリットがあることを理解しておくと良いです。
そのため、どのような手続きがあるのかを理解をすれば計画的に動くことが大切だ、といえるでしょう。
相続の開始があったことを知った日の翌日から3ヵ月以内は、相続を破棄することが可能です。
他にも限定承認や準確定申告、遺留分侵害額請求、相続税の還付請求に死亡保険金の請求なども知っておくと良いでしょう。
猶予期間があるので、きちんと確認をして事前に用意しておけば安心です。
猶予期間などをしっかりと確認することで、手続きをスムーズにすることが出来るようになります。
事前に確認することを怠ってしまうと、いざ手続きをしようとしてもあれも分からない、これも分からないといったことになるかもしれません。
そうなると困ってしまうため、事前確認が必要です。

相続に関する不安は気軽に相談できる自治体サービスで解消

相続は、税金の申告や不動産の名義変更の申請など手続きが多く、どれも素人には難しい面を持っています。
そんな人の強い味方になってくれるのが自治体で、相続に関する無料相談などを実施しています。
個別の案件を相談できる窓口もあれば、一般的な知識を身に付けられるセミナーを行っている場合もあります。
セミナーなら個別の問題が生じる前でも気軽に参加できる点が魅力で、何度か足を運んでいるうちに基本的なことは分かるようになります。
少しでも分かっていれば、いざという時に慌てることなく対応できるので、大きな効果だと言えます。
弁護士や税理士のような専門家に相談するとなると、何を訊くのかなどを整理しておかないと、意味のある時間にするのが難しくなります。
自治体の相談窓口やセミナーなら、取りあえず訊いてみようという程度で利用できます。
但し、個別の相談窓口は利用者が多いため時間制限があって、一度にすべてを解決するのは無理だと考えた方が良いでしょう。

生前贈与で相続対策を成功させるためのポイント

相続は、誰もが経験する可能性があることです。
しかし、相続税は財産の総額に応じて課税されるので財産が多いほど、税金の負担も大きくなります。
そんな税金対策として、生前贈与を活用する方法があるのをご存知ですか。
これは被相続人が生きているうちに、財産を贈与するという意味です。
これは、節税効果だけでなく財産の圧縮や、事業承継などのメリットもあります。
生前贈与には贈与税の課税、そして特別受益の持ち戻しなどの注意点もあるので気をつければいけません。
税対策は贈与税の基礎控除を活用することです。
贈与税は、1年間に1人から受けた贈与額が110万円以下であれば非課税となるので、この贈与税の基礎控除を活用することが大事です。
それにより、毎年110万円ずつ贈与することにより財産を圧縮することができます。
特別受益の持ち戻しを理解することも大切です。
贈与によって得た利益のことで、税金の計算においては、特別受益は相続財産に加算されます。
そのため、贈与を行う際には特別受益の持ち戻しが発生する可能性があることを理解しておくことが大切です。

相続が発生した場合に物納を選択する場合の取り扱い

相続が発生したら、金銭で納付するのが一般的です。ただし、十分な金銭がない場合には所定の要件を満たしていれば物納が認められます。
これは相続税を納める時だけに認められており、贈与税では認められません。基本的に相続税は高額になることが多いのですが、相続した財産のうち金銭が少なかったりすぐに処分できないものばかりの場合、物で納めても良いことになっています。
要件として満たさなければならない項目がいくつかあり、まずは延納をしても納付が困難であることを示すことが条件です。
また、無制限というわけではなく、納めることが困難とする金額の限度でのみ認められるものです。物納にあてられる財産にも決まりがあり、不動産や国債、上場株式等が該当します。
希望する場合に注意しなければならない点として、物納申請期限が定められているために早めに手続きをする必要があることは押さえておくと安心です。相続税の納付期限までに必要な書類を揃え、税務署に申請します。

相続の協議内容が気に入らないときの異議申し立て

相続が発生すると故人に帰属していた遺産の最終帰属先を決定する必要に迫られます。相続人間で遺産についての帰属先を決定するのを遺産分割協議と呼びます。
遺産分割協議は民法上の、法定相続分を前提に相続人全員が参加して最終的に遺産のどれを誰が引き継ぐのかを合意する話愛の場といえます。
当事者全員である法定相続人全員が納得していれば、協議通りの内容で遺産は帰属して終わりです。しかるに相続後の遺産分割協議の内容に納得できないときは、裁判所に異議申し立てをする機会があります。
これが相続に関して調停を申し立てるというものです。調停では調停委員という第三者が双方の主張を聞いて、調停案を提示してくれます。
調停でも決着がつかないときは、審判に移行し裁判官の判断で遺産をわけあうことになるわけです。
ここで注意するべきなのは、調停にしろ審判にしろ、法定相続分の割合で遺産を分けるという流れになることです。
当事者の主張に沿った柔軟な解決にはならないのがデメリットといえます。

相続について相談する

相続にかかる税金について説明しているサイト

相続 手続き 代行

新着情報

◎2024/2/16

情報を更新しました。
>相続が発生した場合に物納を選択する場合の取り扱い
>相続の協議内容が気に入らないときの異議申し立て

◎2024/1/15

情報を更新しました。
>相続に関する不安は気軽に相談できる自治体サービスで解消
>生前贈与で相続対策を成功させるためのポイント

◎2023/12/15

情報を更新しました。
>相続の手続きをしない場合には罰則をともなうことがある
>相続の猶予期間はどのくらいなのかは大切なこと

◎2023/11/16

情報を更新しました。
>相続の相談先として優秀な弁護士事務所のメリット
>本人達では解決できない相続の揉め事は弁護士に相談しよう

◎2023/10/23

情報を更新しました。
>行政書士の仕事は相続問題をはじめとして幅がとても広い
>相続問題を解決するためには資格保有者の話を聞いた方が良い

◎2023/9/19

情報を更新しました。
>相続に第三者が関係してくるとはどのような状況か
>相続に直面したときにチェックするべき事項とは

◎2023/8/21

情報を更新しました。
>生前相続の重要性とスムーズな手続きのためのポイント
>相続を弁護士に相談するならまずは無料相談を利用できる

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>不動産を相続するときに必要な登記手続きの代行依頼
>多額の負債を相続してしまう理由や避ける方法

◎2023/6/21

情報を更新しました。
>親からの遺産相続で土地を受け取る場合にすること
>相続人がいないことで墓じまいを決断する人が増えています

◎2023/5/12

情報を更新しました。
>相続は専門的な知識を持つ人に任せるのがおすすめ
>相続は生前に対策することで税金対策もできる

◎2023/4/11

情報を更新しました。
>相続において遺留分ってどのぐらいもらえるの?
>相続をするときの責任などを考えてみることが大事

◎2023/3/15

情報を更新しました。
>相続税の支払いが必要になったら節税対策をしよう
>相続税はいくらかかるの?計算してみよう!

◎2023/2/15

情報を更新しました。
>相続手続きの一般的な日程を簡単に解説します
>相続では市役所などに赴いて書類を集めることになる

◎2023/1/16

情報を更新しました。
>相続を巡って所在不明者がいるときの手続きはどうするか
>相続では税金についての非課税枠がポイント

◎2022/12/15

情報を更新しました。
>相続放棄する場合は3ヶ月以内に手続きが必要
>相続で負債軽減するには放棄することを検討

◎2022/11/10

情報を更新しました。
>世の中に数多く存在する相続時の醜い争いを避けるために
>相続を放棄するには3か月というリミットがある

◎2022/10/19

情報を更新しました。
>自筆証書遺言は相続前に家庭裁判所へ提出する
>相続問題には地面師などのトラブルが発生することも

◎2022/9/16

情報を更新しました。
>日本の相続税は高い?世界と比較検討してみた
>難しい相続登記も今ではオンラインでできる

◎2022/8/20

情報を更新しました。
>遺産相続における公正証書遺言の作成について
>他の被相続人に対する殺人や殺人未遂により刑事罰を受けた者について

◎2022/7/19

情報を更新しました。
>代表相続人とは何でどのような人が適任なのでしょうか
>相続で遺言無効確認をすると1から手続きを行うことができる

◎2022/6/16

情報を更新しました。
>相続の時法律家に頼むとどのような利益があるか
>登記の義務化で変わる相続後の不動産の問題

◎2022/5/20

情報を更新しました。
>相続税の高さは遺産相続した時の金額で決まる
>ペットに相続させたい場合はどのようにすれば良いのか

◎2022/4/20

情報を更新しました。
>相続の際に発生する税金を減らす方法にはどんなものがあるか
>シミュレーションを行って効率的に相続を考えていこう

◎2022/3/7

情報を更新しました。
>相続の相談は目的に合った専門家を選ぼう!
>疎遠な親族との相続が発生した場合は専門家に相談を

◎2022/2/30

情報を追加しました。


>相続裁判で効果を発揮する事実証書とはどのようなものか
>相続で考えられる法的措置とはどのようなものか

◎2022/1/25

情報を更新しました。
>相続をする場合弁護士を必ず利用する必要があるか
>相続に関する知識を知って遺産トラブルを回避

◎2021/12/21

情報を更新しました。
>相続トラブルを避けるためにみなし相続財産も理解しておく
>相続には優先順位があることを理解しておく

◎2021/11/29

情報を更新しました。
>相続をする場合には段取りを明確にしておいた方が良い
>企業の相続とはどのようなものなのかを知っておく

◎2021/11/1

情報を更新しました。
>遺産を相続をしたくないときの法的手続きとは
>相続したときは相続税の申告と納付を忘れずに
>相続のトラブル回避のために取り決めは証拠として残しておこう
>相続人が海外に住んでいる場合に注意すべき点とは
>相続をするならば限定承認の意味を理解すること

◎2021/9/2

情報を更新しました。
>相続のトラブル回避のために取り決めは証拠として残しておこう
>相続したときは相続税の申告と納付を忘れずに
>遺産を相続をしたくないときの法的手続きとは
>手続きが完了していない段階で相続財産から葬儀費用を支払うことはできるか
>相続放棄をする理由とそのやり方について考える
>相続の際に負債を調べる方法について紹介します

◎2021/6/28

生命保険を相続税対策に
の情報を更新しました。

◎2021/5/27

正式な審判を依頼する
の情報を更新しました。

◎2021/4/13

確定後にやるべき手続き
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

相続制度は民法から学ぶ
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

相続で大変な分割方法
の情報を更新しました。

◎2021/1/6

不動産相続にお得な基礎控除
の情報を更新しました。

◎2020/12/14

兄弟で争いになることも
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

手続きの流れと注意点
の情報を更新しました。

◎2020/10/23

相続の対象となる財産
の情報を更新しました。

◎2020/9/11

すべて跡取りが受け取るのか
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

孫に相続させる時の注意点
の情報を更新しました。

◎2020/7/17

贈与税よりも相続税の方がお得
の情報を更新しました。

◎2020/3/26

トラブル無く終えたい場合
の情報を更新しました。

◎2020/3/4

親戚関係でお金が動くのか
の情報を更新しました。

◎2020/2/3

財産だけでなく負債もついてくる
の情報を更新しました。

◎2020/1/9

基礎控除額の計算方法
の情報を更新しました。

◎2019/12/12

相続に必要な処理は短期間で
の情報を更新しました。

◎2019/11/27

相続を受けた場合の名義変更
の情報を更新しました。

◎2019/3/8

負債放棄のために相続を理解
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

相続の権利について
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

相続するときには登記の手続きを
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

物品を相続した場合
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続放棄の手順
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 割合」
に関連するツイート
Twitter

遺言状無いんだから法定相続割合で分けるだけの簡単な話なんですけど なんで多く取ろうとするのかな 頭悪いんですかね?

🌟イギリス人が金持ちになれる確率 金持ちの定義は資産100万ポンド以上持つ人。この定義だと金持ちは全国民6000万人の0.000016%以下。総人口の1%の1%の1%に満たない。イギリスのトップ1000にランク入りするには100万分の16。トップ50は100万分の1。 なお相続による金持ちの割合は減っている。

債務については、仮に遺言や相続人全員による協議で相続割合を決めたとしても、相続人間では有効であっても、債権者には対抗できない点は要注意です。債務者はあくまでも法定相続分の割合通りに請求することが可能です。

不動産相続の豆知識💡 「貸家建付地」 居住用建物を賃貸した状態で相続が発生した場合、 所有者が使いないという理由から一定割合評価額の控除が聞きます☝ 実勢価格→路線価での圧縮と、 さらにプラスで控除が見込める✨ そもそも"買ったら価値が下がる物件"は論外ですが 有効活用すればお得な制度🌈

不動産に関連する相続の概要について〜令和4年(2022年)分 相続税の申告事績の概要を中心に(都市未来総合研究所)東京と名古屋の課税割合は1割以上